fusion-wheel

ミニ四駆デザインを題材に”Autodesk Fusion 360″を覚えよう!

無料で初心者からプロフェッショナルまで使える3Dモデリングアプリケーション”Fusion360″。昨年に続き、今年もワークショップを開催します。3Dモデリングの基礎を、ミニ四駆のステーやホイールなどのパーツをデザインすることを通じて学ぼう。

machines
昨年のワークショップ受講者たちのマシン達。中には全くCADを触ったことのない人も。今年の大会はぜひ自分のオリジナルマシンで参加しよう。(一部講師の作品も含まれています)

 

ワークショップ概要

■Fusion360 Workshop-パーツデザイン編

パーツデザイン編ではホイールとローラー、ステーなど簡単なミニ四駆パーツをモデリングしながら、基礎操作を覚えていきます。

日時 :  4/6(水) 19:00-21:00
参加費:
(A)  講習のみ 3000円
(B)  講習+3Dプリント5時間付き 6000円 (2000円お得!高性能プリンタ Zortraxで出力できます)
*当イベント参加者は7月開催のFabミニ四駆カップ2016レース参加費が半額となります。

持ち物 :

  1. Fusion 360をインストール済のMac/PC (ダウンロードはこちらから>http://fusion360.autodesk.com)
    事前にマシンでアプリを起動し、アカウントを作成して問題なく使えるか確認ください。
  2. マウス(必須です)

申込方法:
以下のチケット購入ボタンを押してPeatixサイトにてチケットを購入ください。
チケット購入

 

Autodesk Fusion 360 とは

オートデスクのFusion360はクラウドをベースとした、3Dモデリングソフトです。デザイナーからエンジニアまでの幅広いニーズに対応し、T-Splineによる柔軟なフリーフォームモデリング、ソリッドモデリングによる安定したメカニカル設計、レンダリングによる見栄え評価、図面機能、3DプリンターやCAMへの出力、アッセンブリとアニメーション等、モノづくりに欠かせない機能がFusion(融合)されたソフトです。

http://fusion360.autodesk.com

▲T-Splineによるモデリング例

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中